北海道武蔵女子短期大学

検索

むさしのいろは

学生広報スタッフブログ

こんにちは!広報物制作チーム教養学科2年の澁田です。
今年の夏は天気の変動が多かったですが、みなさんは夏休みをどうお過ごしになられたでしょうか?

私は就職活動やアルバイト、友人との思い出作りなど、
充実した夏休みを過ごせました(*^^*)

さて今回のむさしのいろはのテーマは、学校の“附属図書館” 。
「図書館」と聞くと馴染みがないと思う方もいるかもしれませんが、大学では多くの学生がレポートの作成のための資料として本を借りたり、空き時間を過ごしたりしています。
そんな図書館の魅力を、同じく広報スタッフ教養学科2年の小野とともに、学生目線で紹介していきたいと思います!

①ブラウジングルーム

ブラウジングルームの一番の魅力は、最新の雑誌が揃っているところ!
ファッション雑誌からアイドルの雑誌まで種類はさまざまで、空き時間になると必ず人がいるような人気の場所です。
また就職活動の際、世の中の流れを知るために必要な新聞も置いてあり、新聞をとっていない!という一人暮らしの方も安心です♪

②視聴覚室

小野が個人的に多く利用しているのがこの視聴覚室です!
名作から「美女と野獣」や「ラ・ラ・ランド」などの最新のものまでたくさんの映画を見ることができ、空き時間や午前中で授業が終わったときはここでよく映画鑑賞をしています。

③第1書架

メインとなる第1書架にはたくさんのテーブルがあり、外を眺めながら本を読んだり勉強をしたりとのんびりすることができ、澁田のお気に入りの場所です。また隣の人との区切りのある自習スペースは、集中力も上がり、試験期間中は重宝します。

これらの他にも、児童図書室があり毎週金曜日に一般の方へ開放されています☆

児童図書室内の装飾は、学内の図書館ボランティアの学生たちによって作られています。
読み聞かせもおこなっているので、子供たちとふれあいたい!という方は
ぜひボランティアに参加してみてください!

いかがだったでしょうか?
私は大学に入り図書館を利用していくうちに、今まで知らなかったことをたくさん知ることができました。これから武蔵に入学するみなさんにも図書館を利用していただいて、学生生活を豊かにしていってほしいです!

次回の更新もお楽しみに~(^^)/

TOP