北海道武蔵女子短期大学

検索

武蔵の教育

武蔵のゼミナール

学生一人ひとりが
主体となって学ぶ

教員が主体となって進める講義とは違い、学生一人ひとりが主体となって、テーマを決め、調査、研究、討論、発表を行います。自ら学ぶ面白さを感じながら、社会で必要とされる課題発見能力、問題解決能力、コミュニケーション能力を身につけていきます。

武蔵のゼミナールの特徴
少人数制

10〜20人の少人数クラスで学びます。発言の機会も多く、ゼミ生同士で活発な意見交換が行われます。

全学生が履修

1年次は基礎ゼミナール、2年次は専門ゼミナールに所属し、2年間にわたり学びを発展させていきます。

アドバイザー制

ゼミナール担当教員がアドバイザーとして、授業の内容のほか、学生生活や進路のことなど、学生の様々な相談にのります。

学内行事の参加

大学祭をはじめ学内行事もゼミナール単位で行われます。日頃のチームワークを生かし、仲間と一致団結することで親睦が深まります。

2年間のゼミナールの流れ

1年次
前期

基礎ゼミナールI (レポート演習)

入学してすぐにゼミナールが始まります。1泊2日で行われる新入生研修のなかでアドバイザーが履修指導を行います。ゼミを通じての友だちもできます。資料文献の探し方、ノートのとり方、レジュメの作成方法、テーマの設定方法など、レポート作成の基本的スキルを身につけます。

1年次
後期

基礎ゼミナールII (発表演習)

各自が設定したテーマに対して意見交換を行い、発表のためのレジュメや資料を作成します。実際にプレゼンテーションを行い、相手に伝わる表現方法や言葉遣いを身につけます。

2年次
通年

専門ゼミナール

これまでの学びのなかから深く追求したいテーマについて調査・研究に取り組みます。フィールドワークやインタビューなど、社会とつながる体験は将来を考えるよいきっかけにもなります。

2年次
後期

卒業研究

2年間の学びの集大成として、アドバイザー教員指導のもと研究成果をレポートにまとめあげます。ゼミでの発表や討論を通して様々な価値観に触れ、柔軟な発想力を養いつつも自分なりの考察を確立させていきます。卒業研究を完成させることで自らの成長が実感でき、将来の自信にもつながります。

基礎ゼミナールのテーマはこちら

専門ゼミナールのテーマはこちら

TOP